不動産知識

タイで住まれる日本人が多く住まれる物件は3つあります

 

①コンドミニアム

コンドミニアムとは、個々のユニットに所有者がいますのでお部屋によってオーナーさんも違い、値段、内装、条件なども違います。オーナーさんにもよりますが基本、法人契約は不可能です。

 

②アパート(アパートメント)

アパートとは、日本でいうマンションのようなものです。コンドミニアムとは違い全ての部屋のがオーナーさん一人のものです。なので値段も内装も条件も同じです。しかし、コネクション・人間関係もありますので異なってくる場合もあります。法人契約は可能です。

 

③サービスアパート(サービスアパートメント)

サービスアパートとは、名前の通りアパートにサービスが付いたものです。イメージとしてはホテルのような感じです。サービスには物件にもよりますが、インターネット込み、メイドサービス込み(洗濯別料金)、 電気・水道代込み などあります。なので単身の方にオススメします。法人契約は可能です。

 

​▲他の詳しい情報はこちらのPDFファイルをクリック